株取引と投資信託のちがい

株取引は自分の裁量で取引を行っていく方法ですが、その方法ではリスクとリターンの責任を全て自己で負う事になります。

また株を購入する際は会社の経営状況やその業界の情報などの知識や世界情勢のチェックなども行っていく必要もあり、勉強時間が保持できない人の場合リスクを負いやすいです。

特に株取引の初心者は急な相場の変動などで損失を出す場合もあります。

株で投資はしたいが、勉強時間はあまりとれない、そういった人向けには投資信託がお勧めの商品として販売されています。

投資信託は資金を預け、その資金をプロの団体が扱い収益を上げていくものです。

ただあくまで投資商品ですので元本が補償されるものではなく、マイナスになる場合もあります。

投資信託は日本株式、海外株式、他金融資産などリスクを分散し扱っているのですが、その割合などは投資信託によって異なります。

世界に投資対象となるものは多く、いくつかに分散して投資をする事で万が一のリスクを低くする事が出来ますが、個人で行う場合多くの資金を必要としてしまいます。

初心者には難しい取引になりますが、投資信託の場合は専門家に依頼して変わりに運用してくれますので安心感もあります。

株式投資を専門家に任せたい、そういった場合も投資信託はお勧めの選択肢になりますので、株だけではなく様々なファンドの投資信託をチェックしてみましょう。

高い利益を出しているファンドもありますし、安定感が強い投資信託もあります。

株購入時の手数料も減らしていけますので、長期運用を考える上でも良い選択肢となりますので、投資を考える場合は一つに拘らず広い目でリスクを分散していきましょう。

ファンドについて知りたい方は…http://woman.mynavi.jp/outline/080124-002/

Comments are disabled