株の初心者は損をする事も多い

株取引を投資として行う場合、やってはいけない事があります。

その内の1つは知らない事に資金を投入しない、という事です。

投資は自身の資金を活用しお金に働いてもらう手法ですが、働く際にやり方を知らない状態は非常にリスクの高い状態です。

株取引はマネーゲームの側面もあり、ゲームのような画面で取引は出来るようになってきています。

証券会社は初心者にも株取引が容易に出来るようシステムを組んでいますが、それだけに損失も出してしまいやすい仕組みになっています。

昔は株の購入といえば電話取引などで証券会社に購入してもらうものでしたが、今では個人で簡単に取引出来るようになりました。

初心者でも簡単にお金を使って株を購入出来るようになった反面、リスクも負いやすくなったと言えます。

株で安定して利益を得ていく為には、株の法則や売買単位の管理、売却のタイミングなどチェックしていく必要があります。

デイトレードで日々数多く取引を行う手法もありますが、初心者ではある程度長期運用を考えて取引をした方が良いでしょう。

長期運用に関して興味深い記事が⇒つみたてNISA(1)長期にコツコツ投資で資産形成

また現在は大企業でも突然業績が落ちてしまう場合もありますので、1つの銘柄に資金を集中させず、分散投資を行っていきましょう。

株初心者は大きな利益を得たい為に1つの銘柄に資金を集中し思いもよらない自体が発生、大きな損失を出してしまう場合もあります。

そんな事はありえない、と考えを固定させずに柔軟な思考で取引はしていきましょう。

Comments are disabled